パパ活,違法,大学生

パパ活って違法?大学生が気を付けるべきことは?

大学生

 

気を付けなければストーカー被害に発展することも・・・

 

大学生がパパ活をする場合には気をつけなければならないことがあります。

 

今はやりのパパ活ですが、出会いの場は限られています。

 

それは、出会い系サイトであったりキャバクラなど夜系の店での出会いになることが多いと思いますが、パパとして見極めるのはとても難しいことです。

 

恋愛対象ではないですし、行為を目的とした人もたくさんいます。
割り切れずにストーカー被害に発展してしまう場合もあります。

 

 

法律上の違法行為になる場合もあるの注意!!

 

例えば学費を援助してもらい学校は無事卒業しても、
贈与税など税金に疎いかただと手続きをしていなければ多額の援助で脱税となり違法行為になってしまいます。

 

大学を卒業しても、パパ活を続けていくとどんなことが起こるのでしょう。

 

極端な例ですが、就職もせず、複数のパパからの援助で生計を立ててしまうかたもいます。
社会人になるからにはけじめをつけなくてはなりませんが、パパを離れることができない人も実際には多いようです。

 

パパが独身の未婚のかたであれば良いですが、なかには家庭をもっているパパもいます。
それを内緒にしていた場合、最悪のケースでは慰謝料など請求されてしまうかもしれません。

 

パパ活をやるには、自分にパパを見極められるのか、自分に危険が及ばないのか、法律上の違法行為にならないかを考え判断しなくてはなりません。